不動産所得の節税方法は

不動産所得の事で

帳簿

不動産所得の申告について

アパートや駐車場などを経営していて収入がある場合、確定申告が必要になります。個人で経営している場合、不動産所得して他の所得と通算した上で税額が確定します。この時に、青色申告制度を利用すると、合法的に節税が可能になります。複式簿記の原則に従って記帳を行っていれば、最大で65万円の特別控除を受ける事が出来ます。また簡易な帳簿であっても10万円の特別控除を受ける事が可能です。最近は会計ソフトも売られていますので、パソコンで記帳をする事も可能です。不動産所得は経費が少なく、税額が高くなる場合があります。少しでも税額を抑えるために、青色申告を活用しましょう。

青色申告制度を活用しよう

アパートやマンションなどの経営を行っている場合、その収入に対して税金が課せられます。個人の場合、不動産所得として所得税の課税対象となりますが、その際に活用したいのが青色申告制度です。簿記の原則に従って帳簿を作成し、条件を満たせば最大65万円の所得控除を受ける事が可能です。また簡易な帳簿を利用している場合でも10万円の所得控除が受けられます。また損益通算などの特典もあります。不動産所得の場合は経費が少なく、思わぬ税額を課される場合もありますので、青色申告制度を積極的に活用して、節税を行いましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産を選ぶ時のいろいろ. All rights reserved.