不動産の任意売却について

不動産を任意売却

帳簿

不動産の任意売却とは

借金の返済に行き詰ってしまったり、不動産の購入時に利用したローンの返済を続けていくことができなくなってしまった場合、土地や自宅などが競売にかけられてしまうことがあります。競売では、市場価格よりもはるかに安い値段でしか売却をすることができず、そのためにせっかく手に入れた不動産を手放したとしても、依然として借金やローンの返済が残されてしまうという結果になってしまうが地です。それに対して任意売却では、債権者の合意が必要になってきますが市場価格により近い値段で売却することが可能なので、結果として借金やローンの残りを大幅に減らすことができます。

任意売却とはどういうものか

不動産として住宅を購入してローンを組み、もしなんらかの理由によりローンが返せなくなった場合、任意売却をするという方法があります。通常は競売にかけられるところ、競売の場合には基本的にその価値よりも低い価格でしか売却されないため、住宅を競売にかけて売却をしてもローンが返せないこともあります。そこで、出来るだけ高値で売却をするためには、競売にかけられる前に任意に売るという必要があります。競売が強制であることに対して任意売却は自分の意思で不動産を売却するという意味合いが強く債務者の印象もよくなります。また、債権者としてもより多くのお金を回収することができるというメリットもあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産を選ぶ時のいろいろ. All rights reserved.