不動産の事故物件の告知義務

不動産の事故物件は

帳簿

不動産の事故物件について

不動産を借りるために物件を探している時にやたらと相場よりも安い物件あることがあります。これはいわゆる事故物件というもので、隣にお墓がある場合など何らかの理由がある場合です。お墓があるかどうかは地図を見れば確かめることが出来ますが、過去にその建物の部屋で自殺をしたり他殺があった場合は一見してもなかなかわかりません。そこで、不動産会社としてはすぐ前に住んでいる住人が自殺や他殺の場合には物件を探している人に対して告知義務があります。この告知義務に違反して後になって借主がその情報を得た時には借り主としては契約の解除や損害賠償請求をすることも可能になります。

事故物件と呼ばれる物件は

不動産の物件紹介で備考部分などに「告知事項有り」などと記載されている場合は、その物件で何らかの事故が合った事を示しています。内容は様々ですが、火事や事件といったものが多く、そういった事があった不動産においては必ず告知する義務があるので、ネット掲載や店頭にある資料にも明記しなければいけません。しかし、その事故の内容については売主等からの聴取によるものですので100%正確かどうかは売主等を信用するしかないのが現状です。ですので、こういった場合は、詳しく細かく聞く事が大事です。また、物件の隣りで起きた事でも丁寧に「告知事項有り」と記載してくれる仲介業者もあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産を選ぶ時のいろいろ. All rights reserved.